バングラデシュ:ベンガル湾産業成長ベルト「Big-B」 インド太平洋地域に安定を。

伊藤直樹駐バングラデシュ大使は、日本は地域の経済発展を促進するために、バングラデシュのコックスバザールとミャンマーのラカイン州の国家間の「繋がり」を高めたいと考えていると述べた。

 

また、伊藤氏は、「より円滑な国家間の繋がり実現すれば、国境の両側の人々の生活を向上させることができる」と述べた。

 

伊藤直樹大使は、「インド太平洋地域における接続ハブとしてのベンガル湾」と題した2日間の討論会の初日に講演した。

 

このイベントは、バングラデシュ独立大学(IUB)のベンガル湾研究センターが主催したものです。

 

伊藤氏は、地域の繋がりについて、インドのサブルームとバングラデシュのラムガルを結ぶフェニ川の友好橋が開通したことを称賛した。

 

「国際協力機構(JICA)が実施している国境を越えた道路網整備プロジェクトと連携して効果を発揮することから、南アジアの接続性強化に向けた重要な成果であると言える。」

 

日本は、バングラデシュの発展は、バングラデシュ自身にとってだけでなく、インド太平洋地域をはじめとする全体の安定と繁栄にとっても重要であるという見方を示している。

 

これらのプロジェクトは、JICAが「ベンガル湾産業成長ベルト(Big-B)」構想の下で実施されている。

 

また、伊藤氏はロヒンギャ難民の問題にも触れ、これはこの地域の共通かつ切実な問題であると述べた。

 

これらの問題を持続的に解決することは、バングラデシュだけでなく、地域全体の安定にとっても重要であり、それによって自由で開かれたインド太平洋を追求することにもつながると述べた。

 

バングラディシュ外相は、インド太平洋という概念は、バングラデシュの他地域との繋がりや投資環境の改善、ブルーエコノミーの促進、さらには海洋分野におけるテロやその他の組織犯罪に対する対策の強化に役立つと述べた。