カンボジア、1月の日本への輸出額が前年同月比で減少

日本貿易振興機構(ジェトロ)が発表したデータによると、1月のカンボジアの対日輸出額が前年同月比で減少したとのこと。

 

カンボジアは1月に日本へ総額1億3800万ドル分の商品を輸出しており、2020年の数値と比較して7.8%の減少となっている。一方、日本からカンボジアへの1月の輸入額は総額3700万ドルとなっており、2020年と比べて14.4%の増加がみられる。

 

また、1月の二国間の貿易総額は1億7600万ドルであり、昨年1月と比べて3.7%の減少となっている。

 

カンボジア商工会議所の副会頭であるLim Heng氏は、貿易額の減少はあったものの、新型コロナウイルスのワクチンが利用可能となったことで二国間の貿易は回復するであろう、と楽観的な姿勢を見せている。

 

カンボジアの日本への主な輸出品は衣類、旅行用バッグ、履物、家具、化粧品、紙、オフィス用品、革製品となっている。カンボジアの日本からの主な輸入品は機械類、自動車、電子機器、家具、布地、プラスチックとなっている。

 

Pan Sorasak商務大臣によると、カンボジアは日本と二国間自由貿易への合意の可能性ついて議論する会合を開く予定であるとのこと。

 

昨年の日本・カンボジア間の貿易額は20.99億ドルとなっており、一昨年と比べて8%減少した。そのうち、カンボジアから日本への輸出額は16.15億ドルであり、6.7%の減少となっている。