中国:「圧倒的な世界の工場」への道 今後5年の経済計画を発表

中国は「圧倒的な力を持った世界の工場」になるには少なくとも30年はかかるだろうと、政府顧問は日曜日に党代表者に語った。

多くの人々はすでに中国を「世界の工場」として見ている。
車から電話まで、世界の生産量の3分の1以上が中国で生産されているからだ。

しかし、中国の指導者たちは、半導体・精密部品は米国への依存度が高いことを懸念している。

  • 「基本的な生産能力・技術はまだ弱い」
  • 「コアなテクノロジーは他国にはまだ勝てない」

と、10年間産業情報技術大臣を務めたMiao氏は警告した。

同氏は現在、政府の最高顧問機関である中国人民政治協商会議(CPPCC)のメンバーである。

 

中国は今でも大量の生活必需品や工業製品を生産しているが、経済に占める製造業の生産量は減少している。

昨年、製造業が国内総生産(GDP)に占める割合は4分の1強で、2012年以来の低水準となった。

Miao氏は、北京の人民大会堂で行われたCPPCC代表者へのスピーチの中で、「GDPに占める製造業の生産高の割合は、あまりにも早く低下している」と述べた。

「中国の製造業は近年、大きな成果を上げているが、大きいが強くなく、総合的に上位だが良くはないという状況は根本的に変わっていない 」とMiao氏は付け加えた。

 

技術の戦い

中国はまた、今後5年間の経済計画の草案を示した。
電子部品から人工知能までの先端技術の開発を加速させたいとしている。

このイニシアチブは、トランプ政権下で中国の米国技術の購入を禁止されていた事実に基づいて自国での生産能力を高めたい意向を示している。
中国企業は、まだ重要な部品の米国からの購入を規制されている。

中国の指導者にとって、世界クラスの国内電子チップメーカーを独自に設立することは最優先事項となっている。

その5カ年計画では、国家安全保障に不可欠と考えられる7つの戦略分野を目標としており、AI、量子コンピューティング、神経科学、航空宇宙などが含まれている。