中国:英国 香港の人々のために新ビザ発行へ

英国 香港の人々のために新ビザ発行へ   移住者の課題と英国政府の対応

 

イギリスでは新しいビザ制度の導入を決定しており、香港に住む住民が英国に移住し、住宅、学校、仕事へのアクセスの支援を検討している。

中国が旧英国植民地である香港に国家安全法を課した後に導入された新しいビザには、約27,000件の申請がなされている。

 

このビザは、香港市民に5年間イギリスに住む権利を与えるものである。

ロバート・ジェンリック氏はBBCに対し、閣僚たちは「必要な」援助を提供したいと語った。

 

「もし彼らが苦しんでいるのであれば、我々は彼らをいつでもサポートする準備ができている」と彼は言った。

また、具体的な方策として「英国の地方自治体が彼らに住宅を提供し、給付金制度が彼らの後ろ盾となり、誰もが困難な状況に陥らないように国が提供できるすべてのサポートを提供するということです。」と付け加えた。

 

英国がBNO(British National (Overseas))ビザを導入したのは、中国が香港に対して、デモ参加者の処罰を容易にし、香港の自治権を縮小する広範な新治安維持法を可決したことが理由だ。

 

このままのペースでビザの申請数が増えれば、内務省の予測である制度初年度の入国者数15万4,000人をはるかに上回ることになる。

 

ジェンリック氏は、新規入国者が英国に「真の意味で重要な貢献」をすることを期待しており、多くの人が教職、医学、工学の資格を持っていると述べた。

しかし、地域団体からは、BNOビザ保有者が仕事や住居を見つけるのに手助けが必要になるのではないかという懸念が以前から寄せられていた。

 

もうすでに、イギリスには7000人余りのビザ保有者が移住しており、定住先を探すまでの間Airbnbなどで仮住まいしているようだ。

 

また、香港人を標的にする可能性のある英国の中国政府支持者への対応を強化するよう警察に要請もしている。

 

BNOビザの保有者は、英国内の公的資金に頼ることはできないとされているが、政府関係者によると、貧困状態に陥った人には、社会住宅やその他の給付金を利用するための支援が提供される可能性がある。

また、住宅、教育、雇用へのアクセスを提供するために、国内に12の仮想「ウェルカムハブ」が設置されます。

また、教育においては、英国と香港の歴史的なつながりに関する教材が学校に配布されるようだ。